カタール料理
 

概要

カタールの人々は国土の大部分が砂漠の為、土地を移動する 生活を行っていた。その為、カタール料理という地域に 根付いた特別なものはなく、近隣のアラビア料理、又はアラブ料理 と同じ様なものがその多くをしめていると推測される。

またイスラム教が浸透している国の為、豚肉の販売はなく牛肉も規制が 厳しい。主に使用されるのは、羊や鶏の肉となる。魚介類に関しては、 カニやエビなどがメインとなり、アサリを取る習慣はない。

ドリンク類では、イスラム教によりアルコールは禁止されているため、アラビアンコーヒー (浅煎りのコーヒー豆を煮出してカルダモンを加えたもの)や、 ミントソーダ(ソーダにミントを加えたもの)などが定番となっている。

ただし、外国人向けにホテルなどの限られた場所でのみ、アルコールを販売している場合がある。※街中で販売されているものはノンアルコールなので注意が必要。

カタールの人口の4分の3は外国人の為、インド料理、イラン料理、パキスタン料理などの店も多く存在する。

写真ギャラリー

^ このページの最上部へ