カタールの豆知識

  • カタールはアラブ湾岸諸国の内の一つであり、首長制の国である。
  • 湾岸諸国の都市には近年急激に有名になったドバイ(アラブ首長国連邦)も含まれる。
  • 湾岸諸国の中で、バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビア・アラブ首長国連邦の6カ国によるGCC(湾岸協力理事会)が行われ、経済関係やエネルギー供給を含めた友好関係を進めている。
  • その中のひとつとして現在FTA(自由貿易協定)交渉を進め、貨幣統一を考えている。
  • 湾岸諸国は膨大な石油・天然ガスの世界有数の埋蔵量をほこり、カタールは1082億バレルと想定。(天然ガスを石油換算した場合、世界第4位となる。2007年時)
  • その中でも天然ガスを石油換算した場合の資源は多く、国民一人当たり約25万バレルを示す。諸外国の中でも一番多い。(2007年時資料)
  • カタールはアラブ湾岸諸国のなかでも非常に裕福な国で、世界でも有数の経済成長と人口増加をしている国である。
  • 2008年、国別の人口増加率リスト(ウィキペディア)がカタール10.65%(世界第1位)と急激な伸びを示している。 ちなみに世界平均1.18%(日本-0.07%)
  • カタールの経済成長に関しては、2008年9月15日のリーマンショック以降、世界同時不況を強めているが、湾岸諸国は過去5年間の原油高騰時に築いた貯蓄により、他の国に比べて比較的世界恐慌の影響が小さいとみられてる。2009年1月アブダビでの会議では、GCC(湾岸協力理事会)に対するIMF(国際通貨基金)の実質経済成長率2009年度の発表があったが、GCCは昨年よりは下がるものの世界的にみて高い水準であることが示された。
  • その中でもカタールの経済成長率は9%と予測され、非常に高い値を示している。(世界平均-1.3%予測)
^ このページの最上部へ